aloha-yukiの作りかけホームページです。
こんにちは。ようこそaloha-yukiのホームページです。 2006年春、XOOPS作成を決意してから一年以上が経過しました。 自分のログインIDを忘れるくらい放置! 3日坊主のわたしが自分のコーチングスキルを活かし、自分に問いかけながらのxoops作成再挑戦! 後押ししてくださる仲間・心友に支えていただきながら このサイトを充実のサイトに仕上げていくことをここに宣言いたします。 どうぞみなさま、お楽しみに。わたしの歩みを眺めて感じてそして触れてみてくださいませ。 遊びに来てもらったら何かしらお持ち帰りいただけるような お得な情報満載の愛されるホームページに仕上がりますよう みなさまの応援、どうぞよろしくお願いします。2007年8月30日aloha-yuki
google ajax api
Loading...
alaha-yuki BLOG - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ


最新エントリ
2010/10/08
カテゴリ: わくわく企画 : 

執筆者: aloha-yuki (10:11 am)
未来の私からの贈り物

受け継がれていくルールや習慣、記憶。
過去にある情報が私たちにどんなみらいを
与えてくれるだろう?
メディアは毎日、結果と原因を探している。
それは合理的で、生きる術なんだ!とでもいうように。
でももし、時間軸を逆から流してみたら・・・・?

みらいは過去からの流れを汲むだけではなく、
ずっと初めからわたしたちの側にあるもの。
「わたし」に伝えたがっている
そんな言葉やメッセージが溢れている世界、
和歌浦の海のさざなみと、山の息吹の中で感じてみよう!

みらいからの私のメッセージをゆっくり拾いあげていきます

未来の

〜深くてやわらかいもの〜
in 和歌浦 part2
■場所:和歌山県・「木村屋
    和歌山市新和歌の浦2−2
    TEL:073-444-0155

■日時:2010年10月31日(日)10時〜16時
■スケジュール:
10時00分      「木村屋」集合
10時00分-12時30分 ワーク1
12時30分-13時30分 昼食
13時30時-14時30分 ワーク2
15時00分-16時00分 ワーク3
■ファシリテーター: 
    コミュニケーション・アーツ:岩橋由莉


■料金:8,000円 (美味しい海の幸ランチがついてます☆)
■宿泊料金:10,500円(夕食、朝食付き)→宿泊される方のみ
宿泊を希望される方は
10月17日までにお申し出ください。宿泊(木村屋)の予約が必要です。
お部屋に限りがありますので、お早目のご連絡をお願い申し上げます。
■申し込み・問い合わせ
MAIL: yuki★aloha-yuki.com または kikutomo★utopia.ocn.ne.jp
★を@にかえてください。

(1)氏名、(2)連絡先、(3)ご住所、(4)mailアドレス (5)宿泊の希望 をお知らせください。
参加費、宿泊料金は下記の口座に10月25日(月)までにお振込ください。
■振込先口座
・ゆうちょ銀行 店名:四一八(よんいちはち) 店番:418
普通預金 記号:14100 番号:91417321
・口座名義 ウルトラジユウプロジェクトユキトモ

■企画:ウルトラ自由プロジェクトゆきともわはははは
「ウルトラ自由プロジェクトゆきとも」は、
FREE STYLE yukiとgio氏ことkikutomoの
2人の化学反応が楽しみで立ち上げた
「やりたいことをやってみるレアで、コアで、シュールなイベント」プロジェクトチームです。

■交通:和歌山 新和歌浦浜 海岸あたり
・南海電鉄「和歌山市駅」よりバス 約25分
(9・10番のりば「新和歌浦」行き、終点「新和歌浦」バス停下車)
・JR「和歌山駅」よりバス 約25分
(2番のりば「新和歌浦」行き、終点「新和歌浦」バス停下車)


■表現教育家: 岩橋由莉
演劇的手法を用いてコミュニケーションを体験していく「ドラマ」をベースに「コミュニケーション・アーツ」として日本人向けのプログラムとして独自に開発する。その時にひらめく素材や身体、声などを即興的に用いてユニークなワークショップを展開するのが特徴。乳幼児から高齢者まで、対象者も幅広くワークショップを展開中。拠点の和歌山を中心に、全国各地で学校などの教育機関、地域でのコミュニティづくり、高齢者との演劇活動など、その実践活動はとどまるところ知らず、多岐にわたっている。 岩橋由莉さんHP


〜参加者の声〜
風を味わい、波を知り、木立に触れた皐月のあの日。
非日常の、ゆったりとした「とき」の中、
忘れがちな自分と がっつり つきあえたワークだったなぁ。
様々に揺れて揺られて、ワーク終了後しばしの時を経て、
私に「なにか」が生まれた。
「なにか」は、きっとこれから大きく変容していくだろう私にとって拠り所のひとつ。
            あねねこさん


またしてもハロウィンと重なってる!
ぜひ、きてね!
2010/03/21
カテゴリ: わくわく企画 : 

執筆者: aloha-yuki (9:32 pm)
b0149293_21553078


コミュニケーション・アーツ&アートセラピー
コラボレーションワークショップ

深くて、やわらかいものに出逢う

自分の中にある、女性性。深くてやわらかいもの。
どうしてわたしたちは触れようとしないのでしょう
決して不愉快なものではないのに。
強くてたくましい自分を求められる現代だからこそ感じたい、
自分の中の深く、やわらかでみずみずしい感受性や創造性。
そこに触れることで「わたし」が広がり、
また新しい自分の魅力に出逢えます。


■場所:和歌山県・木村屋
    和歌山市新和歌の浦2−2/ TEL:073-444-0155
    
■日時:2010年5月4日(祝)10時〜17時
■スケジュール:
10時00分      「木村屋」集合
10時00分-12時30分 ワーク1
12時30分-13時30分 昼食
13時30時-14時30分 ワーク2
15時00分-17時00分 ワーク3
■ファシリテーター: 
    コミュニケーション・アーツ:岩橋由莉
    アートセラピー:森すみれ
■料金:10,000円 (美味しい海の幸ランチがついてます☆)
■宿泊料金:10,500円(夕食、朝食付き)→宿泊される方のみ
■夜祭・宿泊:(サプライズワークもお楽しみください)
    4日夜はファシリテーターと共に食事会をする予定です。宿泊を希望される方は
4月11日(日)までにお申し出ください。宿泊(木村屋)の予約が必要です。
お部屋に限りがありますので、お早目のご連絡をお願い申し上げます。
    


■申し込み・問い合わせ
MAIL: yuki*aloha-yuki.com(ユキ) または
     kikutomo*utopia.ocn.nejp(キクタ)
↑メールアドレスは「*」の箇所を「@」に変えてご利用ください。

?氏名、?連絡先、?ご住所、?mailアドレス ?宿泊の希望 をお知らせください。

■企画:ウルトラ自由プロジェクトゆきともわははははは

■交通:和歌山 新和歌浦浜 海岸あたり
・南海電鉄「和歌山市駅」よりバス 約25分
(9・10番のりば「新和歌浦」行き、終点「新和歌浦」バス停下車)
・JR「和歌山駅」よりバス 約25分
(2番のりば「新和歌浦」行き、終点「新和歌浦」バス停下車)


※女性性をテーマにしておりますが、参加は男性の方もwelcomeです。
2009/11/19
カテゴリ: 音楽 : 

執筆者: aloha-yuki (11:42 pm)
京阪枚方市駅の近くのメセナひらかた会館の3階にある

男女共生フロア・ウィルが12月のおまつりイベントで開催するゴスペルライブのご紹介。

転載いたします。


ウィル・フェスタ2009〜 ゆったりウキウキにぎわい広場 〜
みんなで歌おう!
ウィル・ゴスペル・ライブ


12月5日(土) 午後6時30分〜

12月はゴスペルの季節。みんなが知っているあの歌を聴いて、歌って、楽しむ参加型ライブ。プロのボーカリストたちと一緒に盛り上がりましょう。

ボーカル:新川 麻子さん、上新 友佑さん、鳥越 たかこさん
ピアノ:平山 のりこさん

◆場所:メセナひらかた会館 2階 多目的ホール
◆定員:250人
◆参加費:無料・要申込
◆保育:あり、1歳〜就学前児、要予約、1人100円

ウィルのホームページ

メセナひらかた 男女共生フロア・ウィル
枚方市駅より徒歩約8分
〒573-1191 枚方市新町2-1-5 メセナひらかた会館3階
TEL 072-843-5636 FAX 072-843-5637
開室時間 平日 9:30〜21:00 (火曜休室) 土日祝 9:30〜17:00
アクセス・マップ
2009/10/04
カテゴリ: わくわく企画 : 

執筆者: aloha-yuki (12:24 pm)
お久しぶりです。

8月のワークに続く、第2弾の開催の詳細が決まりました。

みなさまにお目にかかれることを楽しみにしています。

一緒に楽しみたいの。お越しくださいませね♪

**********************FREE STYLE yuki

表現教育家 岩橋由莉さんのコミュニケーション・アーツin和歌浦

「海と山に囲まれた中でわたしがうみ出すストーリー」


大好評!夏の終わりの海辺のワークに続く第2弾です♪

200702131735000














是非、お越し下さい。

嬉しいおいしいお昼ご飯付き♪

とき:2009年11月1日(日)
    午前10時〜午後3時


深まりゆく秋の空気を感じながら自然に囲まれた和歌浦で
非日常の中に身(わたし)をおき、自分を見つめる。
わたしの時間(とき)を創るとき。


◆ 場所:和歌山 新和歌浦浜 海岸あたり
南海電鉄「和歌山市駅」よりバス 約25分
(9・10番のりば「新和歌浦」行き、終点「新和歌浦」バス停下車)
JR「和歌山駅」よりバス 約25分
(2番のりば「新和歌浦」行き、終点「新和歌浦」バス停下車)
◆ 集合場所 旅館「木村屋」前
     (和歌山市新和歌浦2-2)
◆ 参加費用:7,000円(昼食代込み)
  現地までの交通費は、自己負担
  前日からの宿泊をご希望の方は、お早めにご相談ください。
◆ 雨天も結構(決行)
◆ 服装:楽チンな格好、歩きやすい靴でお越しください。
◆ 持ち物:筆記用具、あればカメラ(携帯でもOK)雨具
◆ 申し込み:10月29日(木)まで(定員になり次第、締切りとなります)


①〜③を明記の上、aloha-yukiまでメールご送付ください。
(右のサイドバーの管理者まで)

①お名前、②ご連絡先の電話番号 ③参加のきっかけ、動機や期待することなど簡単に。

お問い合わせ・・・aloha-yukiまで。


岩橋由莉さんからのメッセージ

 お話づくりをしてみると、そのストーリーの中で
思わぬ自分についての再確認や再発見をするときがあります。
 ここでは和歌浦という万葉の時代から流れている自然を感じながら、
物語を一人であるいは複数でつむいで行きます。
不思議なのですが、同じ場所にいるのにそれぞれの心に響くものが
本当に違うのですね。
 夏のワークショップが好評につき、
もう少しじっくり物語とつきあいたいということで
ちょっと時間を増やしてみました。

 創作活動経験の有無なんて関係ありません。
その時の感情、その日に集まってきた人々、
和歌浦をインスピレーションにして
今、自分に流れているストーリーを語り合いましょう!

コミュニケーション・アーツってなに?(由莉さんプロフィール)

岩橋由莉さんHP
2009/08/05
カテゴリ: わくわく企画 : 

執筆者: aloha-yuki (12:35 am)
こんな楽しい企画ができあがりましたので
万障お繰り合わせの上、お越し下さいませ〜〜〜〜〜♪

**********************FREE STYLE yuki
=表現教育家 岩橋由莉さんのコミュニケーション・アーツ=
 
わたしだけの数時間の夏休み
  海辺で出会った仲間と紡ぐ
夏の終わりの海のワーク
   しっとり豊かに大成功                 
********************

〜風と波の間に湧き出てくるあなたのお話を紡ぎます〜

夏本番、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
「夏はイベントの予定がたっぷり」
「仕事や子育て、忙しく夏休みどころじゃない!」
いろいろなそれぞれの夏をお過ごしのことと思います。

今回のワークは、忙しかった夏の終わりに、自然をじっくり感じながら、
あなたの中から沸き出ることばをじっくり丁寧に紡ぎます。

◆ 日時 2009年8月22日(土)・・・・詳細裏面
10:00〜12:30 ワーク
     ワーク終了後 〜 昼食交流会 (14:00解散)

◆ 場所 和歌山 新和歌浦浜 海岸
  和歌山市新和歌浦2-2
?南海電鉄「和歌山市駅」よりバス 約25分
(9・10番のりば「新和歌浦」行き、「不老橋」バス停下車)
?JR「和歌山駅」よりバス 約25分
(2番のりば「新和歌浦」行き、「不老橋」バス停下車)

◆ 参加費用:5,000円(昼食代込み)
 現地までの交通費は、自己負担
 ワークのみ参加の方はご相談ください。

◆ 定員15人

◆ 雨天も結構(決行)

◆ 服装:楽チンな格好でお越しください。

◆ 持ち物:ビーチサンダル、水分補給用の飲料、帽子、あればカメラ(携帯でもOK)

◆ 申し込み 
 A〜Dを明記の上、画面左上の こちら のアドレス までメールご送付ください。
 Aお名前、Bご連絡先の電話番号、Cご到着場所(JR和歌山駅かバス停か海岸)
 D参加のきっかけ、動機や期待することなど簡単に。
お問い合わせ・・・メールで、お気軽に。FREE STYLE yukiまで
(aloha-yuki管理人でございます)

昼食手配の都合上、お申込みは8月20日までにお願いします。


<スケジュール>
 9:10 JR和歌山駅 集合できる人はここに集まってね。
 9:20 2番のりばから新和歌浦行きバスに必ず乗る。遅れたらタクシーできてね。
 9:45 不老橋 着 バス停集合の方はここで。
10:00 新和歌浦浜にて 朝の海辺の夏語りワークショップスタート
11:00 海の家『木村屋』さんへ移動して、ワークのつづき
12:30 ワーク終了
12:45 昼食交流会
14:00 現地解散(木村屋さんがJR和歌山まで、送ってくださいます)
           なんという贅沢***ありがたき幸せ♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この夏、わたしのストーリーに出会うために。
「自分のものがたり」を紡ぎたい。
アート・ワークショップに関心がある。
岩橋由莉さんが、やたらおもしろいと思っている。
興味はあるけど 参加したことがない、まだ会ったことがない。
過去に、一緒にワークをしたが、次の機会を待っていた。
そんな「あなた」や「あなたのお友だち」の「あなた」まで。
出会い、つながり、ともに創る優しい時間を過ごしましょう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♪表現教育家 岩橋由莉さんについて
 演劇的手法を用いてコミュニケーションを体験していく「ドラマ」をベースに「コミュニケーション・アーツ」として日本人向けのプログラムとして独自に開発する。その時にひらめく素材や身体、声などを即興的に用いてユニークなワークショップを展開するのが特徴。
 乳幼児から高齢者まで、対象者も幅広くワークショップを展開中。
 拠点の和歌山を中心に、全国各地で学校などの教育機関、地域でのコミュニティづくり、高齢者との演劇活動など、その実践活動はとどまるところ知らず、多岐にわたっている。
http://www.hpmix.com/home/haraiso/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

♪FREE STYLE yuk(aloha-yuki)は、
 表現教育家 岩橋由莉さんが繰り広げるコミュニケーション・アーツの独特な世界に出会い、魅せられ、共感しました。以来、より多くのみなさまに、この世界に触れ、楽しんでいただきたく、不定期にワークショップを開催しております。
 みなさまとこのワークを共有できますことを楽しみにしています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2009/03/22
カテゴリ: シングルマザー : 

執筆者: aloha-yuki (8:40 pm)
今日は絵本の紹介です。

どずこい!むしずもう


シングルマザーの仲間の集まりで話していて
思うことがあります。

ひとりひとりが素晴らしいスキルを持っているということ。


子育てをしながら仕事をもっていて
必ずしも現状に満足しているわけではない私たちシングルマザー。


子どもの熱がでたとき、どうしよう。仕事やすめない。
子どもの行事の時に休めるかしら等々…いろんな事情で
それぞれの条件の中で働いている。





『どすこい!むしずもう』

この本は、そんな仲間のひとり

絵本作家虫の タツトミ カオさんの作品です。
(この記事はカオさんの許可をいただき、書いています)

私たちの集まりに参加してくださったことが出会いだったのですが
私がカオさんの作品を見たい見たいとリクエストして、
見せていただきました。

なんてユニークな虫たち!!!

なんて、あたたかいタッチ!!!

そして、次は?次は?と好奇心をかきたてられるしかけ。


おもしろいのです。


絵本好き、元保育士の勘からすると
これは相当子どもに受ける!

幼稚園や保育園、小学校でも人気の絵本ではないかと思います。


虫が恐くないのです。キュ〜〜〜〜〜ト!!!

カオさんの描かれる虫はとても表情が豊かなんです。
カオさんのところへは、どうも虫の注文が多いらしく(虫さんからの依頼ではないですよ〜)
そんなエピソードを話してくださるカオさんもステキです。


図書館司書さんのこんな記事も見つけました。
図書館司書の戯言

プレゼント絵本にもぴったり、よさそう。



いろんなことを乗り越えながら
絵本作家への夢を実現してこられたカオさん
「まだまだ、これからです」とおっしゃって
夢を共有させていただきました。楽しみです。


そんなことから刺激を受けて、お互いのスキル持ち寄って
何かできたらいいね〜なんて

「うたうたい」や「演奏家」もいるのだから
スキルや夢の持ち寄りパーティが実現するかも!!!
2009/02/16
カテゴリ: わくわく企画 : 

執筆者: aloha-yuki (10:56 pm)
このところ、セミナーが続いています。

自己啓発系や人材育成に関するセミナーを企画させていただき
自分も毎回、講義を受けることになります。


毎日が学び。。。
なんて幸せなんだろうと思います。


そして、今日ふと振り返るきっかけを
セミナーに参加してくださったひとりの女性からいただいた。

履歴書に書ききれない職務経歴・・・



そう、私自身の履歴書も・・・

履歴書に書ききれないくらいの転職をしています。


これからしばらくはそんな自分の職務経歴書を
少しずつ書いてみようと思います。




短大卒業後、結婚、出産、育児、離婚
それぞれ人生の大きな節目ごとに(節目でなくても)

仕事を変わったり変えざるを得なかったり
3人の出産と子育てがあったので、その度に中断もしました。


子育て中は、決してやりたい仕事が
やれていたわけではありませんでしたが

保育所のお迎えに間に合う、時間の融通がつけやすかったという理由で
選んだレストランの接客から学んだこともたくさんあります。

接客の楽しさや販促のための案内、オペレーション、お皿の持ち方、
在庫管理、手書きのオーダー伝票からポスレジの導入もありました。


レストランからレストランへの転職もありました。
(3店舗経験!!!)



自信満々、期待いっぱいで転職したのに
開店日のパニックについていけず、パタパタしていると
「もうちょっと落ち着きがあると思ってたぞ」と
店長に指摘され落ち込むこともありました。


それでも慣れてくるとお客様とのコミュニケーションは楽しかったし
気づいたことや思ったことは積極的に社員に伝えていたなあ〜。

文句言いのうるさい従業員だったかもしれないと
今頃、振り返り思います。


地区会議に行くように言われると
外へ出たがりの私は喜んでホイホイ行きました。

商品に安心・安全を!有機野菜を使って欲しいなど
こうなったらいいなと思うことを発言できるなんてなんて嬉しい!!!

今思えばマーケティングのマの字も知らない従業員が
地区会議に行ったからといって調子に乗ってあーだこーだと発言する。

お客さんの一人としての意見にすぎなかったかも知れず
従業員としては、恥ずかしいプレゼン(プレゼンとは言えない)だったと
これまた今になって思います。

随分、若かりし頃の話でお許しください。


そんな私でも、楽しく仕事をしていると

転職した3度目のお店は
「ディズニーランドのようなお店にしたいから」という店長からのお誘い。

また調子に乗っかってホイホイ。。。


どんな仕事でも、自分が納得する働き方を見つけることができるし
楽しく働いているといいことがあるのだと知りました。



転職だらけ、そのたびに失敗だらけで
自慢じゃないですが、今もよく失敗するし・・・
でもそこから得るものや学ぶこともたくさん。

そして周りの方の助けもたくさん頂きながら働いてきました。



そんなこんなでおかげさまで、やれてきました。

これからもやれるよという気持ちにもなってきます。
2009/02/15
カテゴリ: できごと : 

執筆者: aloha-yuki (11:03 am)
先日、ふと立ち寄った本のTSUTAYAで

おもしろそうな本を数冊手にして

ふと、ふりかえったところで

目の前に置いてあった本

山田ズーニーさんの「考えるシート」


以前、友人の表現教育家 岩橋由莉ちゃんが

「この本、おすすめだよ。おもしろい。」と薦めてくれていた本だ!!!


わあ、これだ!!!


もうずいぶん前、1年くらい前だろうか
話を聴いておもしろそうだなと思っていた。

そのまま時が経ち購入しないまま
今、このタイミングで私の目に飛び込んできた。


これは、買うしかないなと思い購入した。




ズーニーさんは文章表現やコミュニケーションの
インストラクターらしい。


おもしろい。

自分の気持ちを整理するのにとても便利。


謝るのにもとても便利。

「おわび」を考えるシートがあるのだ。


使える使える。これはビジネスにも使える。


今までの自分の「おわび」はどうだったか。


まずまずOKだけど更にどんなことをお伝えしたら
でき得る限りの気持ちが伝わるのか。

「おわび」はそのような状況を作らないのが最善だけど
自分のミスが原因で起こしてしまうことだけでなく
予期せぬ問題がやってきて起こってしまうことだってある。

その時や後の対応を適切に行動することは
相手に与えてしまった損傷を少しでも抑え修正するために
とても大切だと思う。

この本には、その後の対応まで
行動できるような仕組みがある。



整理されたシートには「自分への気づき」のチャンスも
たくさん盛り込まれてある。



ズーニーさん、この本をありがとう!

そして教えてくれた由莉ちゃん、ありがとう!

出会った自分に、ありがとう!


そんなこと言い出したら本屋さんにも運送屋さんにも出版社さんにも

ありがとうがつながり、際限がない・・・つながりにありがとう!


このようなサイトがございました。
山田ズーニーの「おとなの進路教室」
2008/12/28
カテゴリ: できごと : 

執筆者: aloha-yuki (1:47 am)
3日間の断食を終え

今日で副食の3日目が終わる。


重湯DAY(朝・昼・夜)

おかゆDAY(朝・昼・夜)

おかゆDAY(朝・昼・夜)

だが・・・今夜、縁あってご招待頂いたParty・・・


とても新鮮なお野菜とフルーツで作られたお料理。

それから馬頭琴の演奏をしてくださったスーホさん手作りの

モンゴルのやきそばもあり・・・

おもてなしの心が伝わってきて、復食中であることをお伝えしながら


夜のおかゆは済ませて行ったのだけど



少しだけいただいた。



お肉は避けて、砂糖の入ったケーキは遠慮して


野菜のところと、やきそばは麺と野菜をいただく。

よく噛んで、味わっていただく。



おいしい。。。



胃を刺激したのか、脳を刺激したのか。

自宅に戻りお腹が空く。


ここが我慢のしどころ!


梅醤番茶で、お腹をごまかす。


目の前でラーメンを食す同居人がいても大丈夫になった自分に驚く。
2008/12/25
カテゴリ: できごと : 

執筆者: aloha-yuki (11:39 pm)
あまりにも肌の調子が悪くなり

こんなことは今までになかったのだけど

目の周りがガサガサして

口の周りもガサガサになってきて

なんだか目が腫れている、頬も腫れて赤い。。。


皮膚科に行ってみたけれど良くなる兆しもなく
(処方通りに飲まない塗らないのが悪いのかもしれない)


気持ちがとてもブルーになるので

思い切ってやってみた。『断食』


2年程前にも一度、ダイエットと健康を言い訳に挑戦しかけたが
食欲には勝てなかった。


今回は二度目の挑戦

3日間の断食に入る前の2日間は

普段の食事量の1/2
その翌日は1/4

それから

3日間の断食・・・

水は飲んでもOKとのこと。


初日

職場の断食をすすめてくれた仲間が

水をペットボトルで差し入れしてくれた。嬉しい。。。

水を飲んで空腹をごまかす。


2日目

想像していたより食べることへの執着はなかった。

ただ、、、食物に対する執着心はすごかった。

断食明けに食べる予定の重湯とおかゆを作りおきした他に

いろんなおかずを作って満足した。

食物への感謝の気持ちがふつふつと沸いた。


肝心の肌の腫れは引いている。びっくり。

3日目

食べていないせいだろうか。

力がでない。歩く速度も遅いし、ちょっとでも走ったら

とてもしんどかった。

けれど、とりあえず3日は我慢できた。



そして復食・・・

今日はその1日目

重湯少し、重湯少しと梅干、重湯少しと梅干といった献立

なんとか今日までは、無事終えることができた。


明日はおかゆ少しの日だ。

インターネットで調べたところによると
復食2日目が一番大変らしい。。。

少々どきどきだが、これで肌が改善されるなら
がんばってみよう。


肌の調子は、口の周りの皮がめくれて
牛乳ヒゲというか絵に描いた泥棒みたいになるのが
つらい以外はよくなってきているような気がする。


※これは私のケースで、それぞれの体質や状態で
効果や危険度が違うそうです。
特に初めて断食をされる場合は、断食のための合宿もあるようですし
必ず医師や専門家の指導の下、挑戦してくださいませね。

(1) 2 3 4 ... 10 »

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが alaha-yuki BLOG を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
サイト情報
サイト管理者

aloha-yuki